経済産業省は、国際標準化会合(ISO(国際標準化機構)及びIEC(国際電気標準化会議))において、標準化交渉をリードできる人材を育成するため、「ISO/IEC国際標準化人材育成講座」(ヤングプロフェッショナルジャパンプログラム、通称“ヤンプロ”)の受講生を募集します。[小嶋秀治コジーの今週気になるDXニュースVOL20210909-01]

経済産業省は、国際標準化会合(ISO(国際標準化機構)及びIEC(国際電気標準化会議))において、標準化交渉をリードできる人材を育成するため、「ISO/IEC国際標準化人材育成講座」(ヤングプロフェッショナルジャパンプログラム、通称“ヤンプロ”)の受講生を募集します。[小嶋秀治コジーの今週気になるDXニュースVOL20210909-01]

ヤングプロフェッショナルジャパンプログラム

1.概要

国際標準化活動は、ルール形成の一環であると同時に、産業界にとっては市場形成及び環境整備の手段の一つとして国際的に認識されており、我が国においても「標準化人材を育成する3つのアクションプラン」(2017年1月策定)等の中で、国際標準化活動を支える人材の育成が重要な施策の一つとして挙げられています。

その施策の一つとして、経済産業省は、ISO(国際標準化機構)及びIEC(国際電気標準会議)において、日本提案をリードできる人材を育成するため、ISO/IEC国際標準化人材育成講座(ヤングプロフェッショナルジャパンプログラム、通称“ヤンプロ”)を2012年から開始し、これまでに396名の修了生を輩出してきました。

“ヤンプロ”では、現場で活躍された講師陣から国際標準化活動に必要なスキルを学ぶと共に、企業の枠を超えた人的ネットワークを形成する場を提供しています。修了生には、国際標準化会議(ISO/IEC)で、幹事・議長・コンビーナといった国際標準化活動を主導する役職者の立場で活躍している人材も多数おり、中には、福祉用具の試験方法に関する日本提案をリードし、ISO発行に繋げたことで「工業(現:産業)標準化事業表彰・産業技術環境局長表彰」を受賞したケースもあります。国際標準化会議で役職者として日本の標準化活動をリードできる人材の育成を目指す企業や、国際標準化をうまく活用し更なる発展を目指す企業の皆様、是非、御参加を御検討ください。

本年度は3回の講座実施を予定しており、今回、本年度2回目となる講座の受講者を募集します。

2.募集概要

募集期間

9月8日(水曜日)~10月6日(水曜日)

講座開催日<全5回>

11月2日(火曜日)

11月9日(火曜日)

11月12日(金曜日)

11月16日(火曜日)

12月9日(木曜日)

※①②③はオンラインでの開催です。④⑤については開催1ヶ月前を目途に、オンライン開催orオンサイト開催を決定する予定です。

募集人数

20名程度(1企業・団体あたり原則1名)

応募方法

募集要項等の詳細は(一財)日本規格協会ウェブサイト

を御覧ください。担当

  産業技術環境局基準認証政策課長 大東

   担当者:井上、末田(すえだ)

     電話:03-3501-1511(内線 3413~5)

      03-3501-9232(直通)

      03-3501-1418(FAX)

https://www.meti.go.jp/press/2021/09/20210908003/20210908003.html

【Presented By STAD https://stad.group/

DX 新着 経済産業省